Weinberg ワインショップ ヴァインベルク

トップページ商品カテゴリお支払・配送について運営者の紹介新着情報お問い合わせ会員登録カートの中
商品検索
キーワード
価格範囲
円〜


商品のお買い上げ合計10,000円以上で送料は無料となります。

 

商品カテゴリ
会員ログイン
メールアドレス
パスワード

赤ワイン > トロリンガー (赤・ライト) 2016 Knauss
商品詳細

トロリンガー (赤・ライト) 2016 Knauss



Knauss
Trollinger  Strümpfelbach  trocken
ヴィンテージ 2016
ぶどう品種 トロリンガー
アルコール度数 
12.5%
味わい ナチュラルな赤・ライトボディ

スクリューキャップ使用

 

商品番号 Kna002
商品名 トロリンガー (赤・ライト) 2016 Knauss
希望小売価格 3,316円
販売価格 2,900円
税抜価格 2,685円
生産地 ヴュルテンベルク
送料区分 送料別
在庫

数量:


ナチュラルな味わいの唯一無二のトロリンガー

鮮やかな淡い赤色は見ているだけで楽しめます。
イチゴを彷彿とさせる香りで、香りからは甘みを感じますが、味わいには甘さは感じません。
ただし香りとあわせて軽やかさがあるのでトロッケン表記ではありますが中辛口といったほうが
イメージしやすいと思います。
2016年産は、赤ワインにはあまり使わない言葉の「透明感」を使うのが一番しっくりきます。
きれいな飲み口と味わいながら軽いだけではないコクを感じられます。
ふだんあまり飲まない方にも好かれやすいすっきりした飲み口の赤ワインです。

トロリンガーはビュルテンベルクの地場品種といってもよい品種です。
ヴュルテンベルクの中でレンベルガーよりも栽培面積が多い赤ワインの品種です(クナウスでは
赤ワイン品種のわずか10%のみです)。
大半が軽めの日常消費用のワインになりますが、このワインはそれらとは別物です。
軽やかではありますが、軽くはありません。こんなしっかりとした造りのトロリンガーのワイン
に初めて出会いました。
トロリンガーという品種を意識して飲まれるのではなく、別物ととらえて彼の造るトロリンガー
のワインに向き合っていただきたいです。

複数の500リットルの木樽を使用し、一部は新樽も使用しています。

野菜やまぐろなどの魚料理とも相性が良いです。
そして和食と合わせて楽しい赤ワインです。組み合わせをあまり意識しななくても楽しめます。

ビオ栽培であることを感じられるナチュラルな味わいです。
品種の枠を超えている、彼のワイン造りに対する想いと技術を感じることのできる一本です。



ブログ
では醸造所を訪れた時のことを書いています。

  

醸造所紹介 Knauss クナウス

クナウスの醸造所は現当主のアンドレアス・クナウスAndi Knaussの父親が1995年にワイン造りを始め1998年に醸造所を設立し、2000年代から彼もワイン造りに携わりオーストリアでの勉強と修行の後に当主となっている家族経営の醸造所です。
商業的な成功よりも良質なワインを造ることにこだわり、手間を惜しまない真摯なワイン造りをしています。

ドイツでは定番である畑名をワイン名にするというのではなく、品種(あるいは準ずるもの)プラスG、S、Rというアルファベットがワイン名になっています。
グーツヴァイン、セレクション、レゼルヴを意味していて、ランクごとに味わいのイメージ、価格帯が異なります。樽の大きさなど、醸造方法、製造過程も異なります。グーツヴァインは気軽に飲めるもの、レゼルヴは単一畑の樹齢の古い樹からの最高品質の果汁から造られているハイレベルなワインです。

2017年にリリースしたワイン(主に2016年産)からラベルが変更となりました。
それにあわせて、リリースしている種別は変わりはありませんが、G、S、R、という表記はなくなり、VDPの格付けと同じように、オルツヴァイン(村名ワイン)クラスのSは村名のみ、エアステラーゲ(畑名ワイン)、GGクラスのRは畑名をラベルに記載しています。

数か所の畑から多数の区画を所有し、ほとんどのワインは複数の畑、区画のぶどうを別々に収穫、醸造し、瓶詰前にブレンドして造られています。発酵、熟成したものから質を見極めブレンドしています。
大多数は木樽を使用し、ものにより樽の大きさを変えています。
ほとんどの樽の果汁は天然酵母のみにより発酵されています。

畑の土壌は砂岩(コイパー、キーゼルザントシュタイン、シュトューベンザントシュタイン)と石灰を含んだ粘土質の地質(メルゲル)が主で、同じ畑名でも標高により地質が異なります。
品種により植えられている条件が異なるので、SやRのワインでは地質の個性を感じられるものもあります。

ヴュルテンベルクでメジャーなレンベルガー、トロリンガー、ピノ・ノワール、リースリングという品種だけでなく、シャルドネやソーヴィニヨンブラン、メルロー、ツヴァイゲルトなども量は多くありませんが栽培しています。

シュトゥットガルトの東側、レムス渓谷Remstalと呼ばれている地域は良質なワインが生産されている地域として知られていて、その地域にクナウスも醸造所と畑があります。醸造所の所在地はWeinstadt(ワインの街)というワイン造りにぴったりな名前です。
数年前には、もともとあった醸造所の近所にモダンな建物の新しい醸造所を新設しました。試飲スペースである2階のテラスからの眺めは最高です

現在はまだ認証は取得していませんがビオロジックによる栽培です。醸造過程でのSO2の量も極力低くするよう心掛けています。生産量の10%は亜硫酸無添加などナチュラルワインといわれる系統にもチャレンジしています。

いわゆるヴュルテンベルクのワインとは異なり産地を超えた彼独自のワインを作り出しています。
ブランドやまわりは関係なく、自分の造りたいものを追い求め追及しています。
人柄にも表れている純粋な想いはワインにも表れています。やさしくてなおかつ芯のある味わいは料理にも合わせやすいです。
ヴュルテンベルクの地域だけでなくベルリンなどドイツ各地のレストランで彼のワインがオンリストされていることからも彼のワインのレベルの高さを証明できます。

彼の好みもありトロッケンのみ生産しています。
ヴュルテンベルクという産地のイメージを持たず、単においしい辛口ワインとして飲んでいただきたいワインたちです。



 


クナウスの他のワインはこちらから 











醸造所のテラスから


 
新しい建物の中の熟成用のオーク樽


 
クナウスの所有する畑 ほとんどの区画が急斜面です