Weinberg ワインショップ ヴァインベルク

トップページ商品カテゴリお支払・配送について運営者の紹介新着情報お問い合わせ会員登録カートの中
商品検索
キーワード
価格範囲
円〜


商品のお買い上げ合計10,000円以上で送料は無料となります。

クール便代無料!
ご注文いただくとクール便代無料で配送いたします。
このキャンペーンは期間限定となります。

商品カテゴリ
会員ログイン
メールアドレス
パスワード

モーゼル > ベルンハルト・アイフェル > ロートリーゲンデン (中辛口) 2014 Bernhard Eifel
商品詳細

ロートリーゲンデン (中辛口) 2014 Bernhard Eifel



Bernhard Eifel
"vom Rotliegenden" Schweicher
ヴィンテージ 2014
ぶどう品種 リースリング
アルコール度数 
11%
味わい ボリューム感のある中辛口

 

 

商品番号 Eif14001
商品名 ロートリーゲンデン (中辛口) 2014 Bernhard Eifel
希望小売価格 3,131円
販売価格 2,700円
税抜価格 2,500円
生産地 モーゼル
送料区分 送料別
在庫

数量:


パワフルでフルーティでエレガント

エキゾチックなフルーツのような果実味とボリューム感が一体になっていてそのバランスが
素晴らしいです。
トロッケン(辛口の意)ではなく残糖を少し残しているファインヘルプのタイプのワインですが、
ボリューム感によって一口目は感じる甘みも飲み進めていくと感じなくなっていきます。

赤底統という風化した砂岩の土壌で、ワイン名になっているロートリンゲンドはドイツ語で
赤底統を指しています。
名前のとおりこの土壌は赤い色をしていて、鉄分を含んだこの土壌がワインのボリューム
感に表れています。

当店で扱っている同じ醸造所のヴルツェルエヒテ、アウスレーゼと同じシュヴァイッヒ・
アンナベルクの畑ですが、こちらは同じ赤い土壌でありながらシーファー(スレート)ではない
のでその違いと共通点を比較してみるのも面白いと思います。
モーゼルらしさもありますがシーファー土壌ではないことで典型的なモーゼルワインの味わい
とは異なるということも興味深いポイントになると思います。
ボリューム感があってもアルコール度数が低いのも魅力です。

VDPの新しい格付けに準じた表記をしていて、Ortswein(村名ワイン)と同じランクの位置づけ
のワインなので村名SchweichにerをつけたSchweicherとラベルに記されています。

繊細な料理よりは力強さのある料理のほうが合わせやすいでしょう。
中華や肉料理と合わせることをおすすめしますが、料理と合わせなくても複雑みがあるので
お楽しみいただけると思います。
 


醸造所紹介 Bernhard Eifel ベルンハルト アイフェル

モーゼル川のピースポート村よりもう少し上流にある、醸造所が密集するトリッテンハイム村に醸造所があります。トリッテンハイムTrittenheimは蛇行したモーゼル川の写真でも有名な場所です。

現在醸造所を任されているアレキサンドラAlexandraは、ガイゼンハイム大学の醸造科を卒業後、当主である父親のもとで働き始め、2010年から中心的な存在としてワイン造りに関わっています。

アイヒェルマンで4つ星評価を得ていて、ゴーミヨは2014年版で3つ星に昇格しています。

主に所有している3つの区域の畑はそれぞれが異なる土壌で、各々の畑の個性(テロワール)を生かすワイン造りを心がけています。

ぶどうのキャラクターによりスレテンスタンクと木樽を使い分け、発酵はテロワールを引き立たせるよう、よりナチュラルな味わいとするため自然酵母により行われています。

果実味を大切にした造りをしていて、アルコール感が強すぎないやわらかい味わいのワインとなっています。
自宅で本格的な料理を提供するレストランを経営しているので、食事に合わせることを意識したワイン造りがされています。また、リッチなフルボディのタイプでも飲み飽きずにボトル一本を開けてしまうような味わいを心がけて造っているそうです。
完熟した高品質のぶどうからは、法律の残糖規定でトロッケンとはならないが食事にあわせられる辛口系のワイン(ファインヘルプに分類されるもの)も数多く造られています。

「良いワインを造るためには畑に足を運ばなくてはいけない、ケラーにいてもおいしいワインは造れない」を信条としていて、丹念に育てられたぶどうから造られる彼女のワインにはたくさんの想いが詰まっています。  



 


ベルンハルト・アイフェルの他のワインはこちらから 











トリッテンハイムの村の奥がアルテーヒェンの畑


 
アレキサンドラと夫と先代夫婦


 
経営しているレストランStefan-Andres


 
アポテーケの畑からのトリッテンハイム村方面