Weinberg ワインショップ ヴァインベルク

トップページ商品カテゴリお支払・配送について運営者の紹介新着情報お問い合わせ会員登録カートの中
商品検索
キーワード
価格範囲
円〜


商品のお買い上げ合計10,000円以上で送料は無料となります。

 

商品カテゴリ
会員ログイン
メールアドレス
パスワード

甘口 白ワイン > オイヒャリウスベルク カビネット(やや甘口) 2016 Falkenstein
商品詳細

オイヒャリウスベルク カビネット(やや甘口) 2016 Falkenstein



Hofgut Falkenstein
Krettnacher Euchariusberg  Kabinett
ヴィンテージ 2016
ぶどう品種 リースリング
アルコール度数 8
%
味わい フレッシュでジューシーなやや甘口

 

商品番号 fal16002
商品名 オイヒャリウスベルク カビネット(やや甘口) 2016 Falkenstein
希望小売価格 3,910円
販売価格 3,400円
税抜価格 3,148円
生産地 ザール
送料区分 送料別
在庫

数量:


ザールならではの甘口カビネット


カビネットとしては甘みはあまり強く感じませんが、酸味と甘みのバランスにより心地よく飲む
ことができるやや甘口のワインです。
酸の要素からはグレープフルーツなどを感じますが、風味は桃も連想します。

シャルホーフベルクと同じ向きの斜面で数キロ手前のところにあるこのオイヒャリスベルクの
畑は、ポテンシャルが高いにも関わらず今までは無名でしたが、ファルケンシュタインが素晴
らしいワインを造っていることにより高い評価を受ける畑となりました

ザール地方特有の酸がありますが、ぶどうの甘みと一体になりその力強さは心地よく感じます。
それがドイツワインを多く飲んでいる方には癒しと感じる要素となっています。

ヘレンベルク・ファインヘルプと甘みは同じように一見感じるかもしれませんが残糖はファイン
ヘルプよりはこちらのほうが多いことと、畑の土壌の違いにより全く異なるワインだということを
飲み比べるとおわかりいただけると思います。
一言で表してしまうと、ファインヘルプのほうがより軽やかで、こちらは酸と甘みによる重さを
感じます。

食べ物を何も合わせなくても楽しめますが、軽めのオードブルや和食とも相性はよいです。

モーゼルとザールは違う、ということを知りたければぜひこのカビネットを飲んでいただきたい
です。酸の質とその酸と甘みのバランスの良さを感じていただけます。



ブログ
では醸造所を訪れた時のことを書いています。

 
  

醸造所紹介 Hofgut Falkenstain ファルケンシュタイン

典型的なドイツの田舎の紳士という佇まいのエリッヒ・ヴェバーErich Weberが当主の家族経営の醸造所です。
急斜面の丘のぶどう畑の中腹にある建物ファルケンシュタイナーホーフを30年前に購入し自宅兼ケラーとし、醸造所として徐々に築き上げていきました。

牧歌的な風景とほのぼのとした家族そのままの素朴な味わいのワインが造られています。とはいえワイン造りに妥協はなく、その品質はドイツ、アメリカで今とても注目されている造り手です。
ゴーミヨ誌では複数のワインが10ユーロ以内のお買い得ワインとして推薦されていてファインヘルプはトップ10にランクインしています。ゴーミヨ誌では高く評価されていて、2015年産のワインの大半が90点以上という驚きの結果となりました。
生産量が年間3万本強というとても小さな醸造所のため、ドイツ国内でもほとんど見かけることができないワインとなっています。ヴァインベルクでは輸入を始めた時からの深い付き合いのため、毎年安定した量を確保することができています。

ナチュラルな味わいを具現化するには努力が必要です。量を減らすことを問わずよいぶどうを育てることに重点を置く、できるだけビオに近づける、など理想の形ではあるがそのためにすべてを実行するのは容易ではなく、それらを当然のようにやれているからこそ、それが結果として表れています。
辛口ワインも含め、ぎりぎりまでぶどうの糖度を上げて収穫します。適したスタイルのワインにするためにしっかりと選別しながら収穫した後は、なるべく人の手は加えず自然のままの状態でワインにするべく木樽で天然発酵にまかせた発酵、熟成をしています。
ヴェーバー家族は、自然に生かされてワイン造りをしていることに感謝し自然を尊び、その自然を表現しているワインにすることが一番大事だと考えています。

ナチュラルで素晴らしいワインを造るためには良いテロワールの畑であることが最も重要ですが、まだあまり知られていないこの一帯の畑は条件にとても恵まれています。
所有する畑のほとんどは、正面に見える丘のシャルツホーフベルクの畑と同じ南向きの斜面です。
ザールらしいといわれるキレのよい酸のあるワインが造られる畑です。 
4つの畑名が連なっていますが土壌や気候条件が少しずつ異なっていてそれは味わいにも反映されています。 

息子のヨハネスはガイゼンハイム大学の在学中と卒業後にドイツやオーストラリアなどのワイナリーで研修しています。そこで培われた知識と経験は特に赤ワイン造りに影響を与えています。
伝統的でクラシカルなワイン造りをする父親と世界を見ている息子のタッグにより、その価格では驚くほどの品質の素晴らしいワインが造られています。



 


ファルケンシュタインの他のワインはこちらから










オイヒャリウスベルクの畑。正面の丘はシャルホーフベルク。
 

  
所有する4つの畑の全景


 
エリッヒとヨハネス親子


 
圧搾された果汁はこれらの木樽へ